パワーストーン・天然石

天然石と干支 (子)



干支(十二支)には、その守り本尊と対応した天然石

パワーストーンが決まっているのをご存じですか?



干支(十二支)に守り神がいることはよく知られ

ていますが、それぞれの干支に守護石としての天然石

パワーストーンがあることはあまり知られていません。



守り神のご神体色を守り色として、その色の天然石や

パワーストーンが守護石となっているようです。



干支の形を彫った天然石・パワーストーンを持つと

祈願成就に良く、開運をもたらすといわれています。



今回から、そんな縁起の良い各干支の守護石となって

いる天然石・パワーストーンをご紹介していきましょう。



まずはじめは、ねずみ(子)年。

守り神は、千手観音菩薩。

守護石は、琥珀

サブストーンは、トパーズ



琥珀は、人間関係を円滑にするとされています。

また、琥珀トパーズも色でいえば黄色の石で

あることから、願望を実現させ、金運アップに良いと

いわれています。




ねずみ年の方は、天然石を買うときには、琥珀トパーズ

選ぶと、良いことがありそうですね。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45875059
この記事へのトラックバック

トパーズトパーズ(topaz)は、水晶より少し硬い鉱物|珪酸塩鉱物。和名は黄玉(おうぎょく)。11月の誕生石。フッ素やアルミニウムを含み、様々な色を呈するが、宝石としては淡褐色のものが上質とされる。加..
ブログ名パワーストーンと鉱物
2007-07-30 07:39


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。